English Classroom

中学3年間の英語の授業アイディア、英語教育についての考え・悩みを日々記録しています。

スピーチ原稿を単元の終盤に一気に書かせてませんか?単元を通した計画的なスピーチ指導への改善にチャレンジ。

スピーチ発表を最終ゴールとして指導する中で、こんなやり方してませんか?文法や教科書内容を扱った後に、何時間か与えてスピーチ原稿を書かせて発表。本当にこれでいいのか?他の方法はないのか?と考えて、指導方法の改善に取り組んでいます。 理想のスピ…

公立中学校でも持続可能なオンライン授業の提案

twitterではボチボチつぶやいていましたが、勤務校でのオンライン授業の取り組みについて、記録に残しておこうと思います。 職員への提案 コロナウイルス対応で現場が混乱する中で、先生方の思いが少しずつ明確になってきました。 生徒のために何かしたい、…

生徒にとって活用しやすいCan Do Listの作成のコツ

この記事を書こうと思ったのは、このブログを読んでくださっている読者の方からメールをいただいたことがきっかけです。ブログに掲載しているCan Do Listについてのご質問があり、わざわざメールをくださったことにうれしく思いました。メールをくださった先…

初見の英文を読み、自分の考えや意見を述べさせるために(アウトプット編)

前回の記事はこちら。 今回は、読んだ英文に関して意見をもたせるために、僕が大切だと思っていることを書いていきます。 意見をもつための下地 そもそも、僕はこんな風に軽く考えていました。「英文を読んだ後に発問を与えさえすれば、生徒が勝手に意見を言…

初見の英文を読み、自分の考えや意見を述べさせるために(インプット編)

岡山県の入試問題は、教科書の英文量とは大幅に上がった対話文や説明文、意見文などが出題されています。つまり、分量のある英文を短い時間内で的確に読むことが必要です。そのため、中学校3年生の春から、初見の英文を読むという活動を繰り返していきます…

中学3年生最後のスピーチづくり③(原稿づくり→発表→卒業文集完成)

3年間の集大成として、卒業スピーチにチャレンジしました。タイトルはいろいろ悩んだ末に"My Treasure"にしました。 1時間目と2時間目の授業については以下の記事を。 今回は、実際の作文づくり・発表・文集づくりについてです。 スピーチ原稿づくりの手順 …

中学3年生最後のスピーチづくり②(読む→話す〔発表〕の技能統合)

3年間の集大成として、卒業スピーチにチャレンジしました。タイトルはいろいろ悩んだ末に"My Treasure"にしました。 1時間目は「中学校生活の思い出」についてのモデルスピーチを読んで、ペアでやりとりをしながら、「読む」から「話す」の技能統合の活動に…

中学3年生最後のスピーチづくり①(読む→話す〔やりとり〕の技能統合)

3年間の集大成として、卒業スピーチにチャレンジしました。タイトルはいろいろ悩んだ末に"My Treasure"にしました。 1時間目は「中学校生活の思い出」についてのモデルスピーチを読んで、ペアでやりとりをしながら、「読む」から「話す」の技能統合の活動に…

英文法マスターで3年間の文法項目を総復習

中3の秋ごろともなると、高校入試を意識し始める子がグッと増えてきました。さらに、模擬試験を受けてから、生徒たちの意識が変わり始めました。ここまでの指導では、正確性よりも流暢さをどちらかといえば重視してきました。そろそろ正確性の面でも鍛えてい…

【まとめ】家庭学習のシステムについて

家庭学習記録について 自学ノートについて 家庭学習のSeven Steps(今はやってません…)

家庭学習記録表で授業とテストを連動!

週に4回の英語授業で、英語力が身につくとは到底考えられません。授業以外での英語学習がカギをにぎるはずです。効果のある家庭学習にさせるための工夫。 家庭学習の悩み 「どうやって勉強したらいいか分からない」と生徒が言う。 家庭学習の時間が少ない。 …

教科書本文の読解・音読指導⑥(WPM計測&リテリングあり)

Can Doを新学習指導要領の導入前に作り直しながら、「WPM」についてのCan Doを組み込んでみました。また、パフォーマンステストに「リテリングテスト」も入れたので、教科書本文を扱う授業も以下のように改良してみました。 授業プリントのデザイン 《表面》…