英語の授業メモ

授業改革と実践の日々

スポンサーリンク

語彙力向上とクラスルームイングリッシュの増加を目指そう!

 語彙力向上のために以前に次のように書きました。

 
スペリングを言わせるメリット・デメリット

 ここで述べたように、日本語から対応する英単語を言う、さらに英単語を日本語にするだけでは、スペリングに対する意識は高まっていきまけん。4月から授業の中で90秒クイズに取り組む際は、スペリングのチェックも含むようにしました。その際、フォニックスの知識なしには、音を文字に置き換えることはできません。必ずフォニックス指導を継続して行う必要があると思います。

 この活動の中で、スペリングを覚える必要性を感じたり、フォニックスルールの再確認ができました。今まで自分が担当していた生徒よりも、正しく英単語を綴ることができるようになった生徒が増えた感触があります。

 その反面、90秒クイズと言っておきながら、スペリングのチェックを含むと、到底90秒では終わりません。ペアでの活動のため、交代を含めると、かなり授業時間を圧迫していまうのがデメリットです。

 

90秒クイズの改善と指導手順

 そこで、次のようにワークシートをつくりました。


f:id:merasan:20171021081504j:image

□□□□□□の上にEと書いてある第1回目、第2回目は日本語→英語、Sと書いてある第3回目は英語→スペリングという風にしました。それぞれを個別にチェックすることで、活動に時間がかかりすぎるという問題点を改善できます。 

 

クラスルームイングリッシュを増やそう

 「授業は英語で」と言われている中で求められているのは、教師による英語使用だけでなく、生徒による英語使用であると思います。我々教師が英語を使うだけでなく、適切な場面で、適切に英語を使うことを、生徒自身ができるようになるほうが大切ではないかと思います。

 場面設定もない状態で、生徒が自由に英語を使うのは難しいので、90秒クイズという活動の中で、「どんなことを英語で言ってみたいか?」ということから考えることにしました。この活動のなかで、パートナーに言いたい表現は以下の通り。

  • 何が違うの?
  • 何個言えた?
  • やった!
  • やるね!
  • 聞こえません…
  • 大きい声で。
  • すばらしい。
  • パス。
  • おしい。
  • 違うよ。
  • 正解してる?
  • わかりません。
  • そのとおり。
  • もう一度言って。

 

これらを、90秒クイズの活動後に生徒にあげさせ、ALTの先生に、どうやって英語で表現するかをその場で教えてもらいました。英語にしたものは、以下の通り。

 

  • What's wrong?
  • How many words did I (you) say?
  • I did it.
  • You did it.
  • I can't hear.
  • Loud voice.
  • Great./ Amazing./ Wonderful./ Excellent./
  • Skip. / Pass.
  • Close.
  • That's wrong.
  • Is it right?
  • I don't know.
  • That's right.
  • One more time.

 

これらの表現は、授業で使うノートの最後のページにメモし、すぐに見れるようにさせました。今後の90秒クイズでは、英語でやりとりをしながら活動するようにするだけでなく、追加の表現をさらに増やしていきながら、生徒が使える英語の幅を広げていけたらと考えています。

 

昔ながらの日本の英語教育をやってみよう⑥(発展編)

 英文和訳で文構造を生徒が理解できているかを確認する授業展開について書きました。

 プリントの本文の上には小さく、語順表に従ってルビをふったり、文法や表現のヒントを書き入れています。これが、生徒が英文を理解する上でかなり補助になるということを生徒に直接確認しました。初めて出会う英文や受験問題を自分の力で理解できるためには、だんだんとこれらのヒントがなくても、語順の感覚や文構造の把握ができなくてはなりません。今回はそれらの補助がない中で、生徒がどれだけ取り組むことができるかを試してみることにしました。配布したのは、以下のプリントです。


f:id:merasan:20171017203836j:image

 

見えてきた成果
  • 長文読解となると、やらない生徒が取り組めた。
  • 語順の感覚がついてきた。
  • 主語や動詞が見抜けるようになってきた。
  • 前から前から意味を取ることに慣れてきた。

 

 長文となると授業に取り組めなかった生徒たちも、今までの流れを組んで、主語や動詞に記号をつけて、文構造を確認していました。つい勢い余って、全ての補助をなくしてしまいました。幸い、分からないから諦めてしまうということには陥らず、安心しました。(少しずつ段階的に減らしていくべきだと反省…



 今まで取り組んできた方法で、生徒たちの課題克服への成果が見えてきました。

 しかし、今受け持っている生徒たちが、語順や文構造を意識しながら、スラスラと自分の力で読解していくためには、まだまだ訓練の必要があるようです。

 この3年生にとっては、この授業展開を続けるだけでなく、さらにスモールステップを踏む工夫をしてやることで、何もヒントがなくても自分で英文を理解できる力を養っていけたらと思います。

 

フォニックスの指導はコツコツとやろう。

 中1の指導をしていて、やっていてよかったとつくづく感じるのは、フォニックスの指導です。英語学習につまづき始める生徒たちは、単語が正しく発音できない、つづりがわからない、ということから苦しみ始めることが多いように思います。そこで、中学校入学から今も継続的にフォニックス指導はつづけています。

 

フォニックス指導で参考としている文献

 

田尻悟郎の楽しいフォニックス

田尻悟郎の楽しいフォニックス

 

 この本を参考に、フォニックス指導をしています。

 

フォニックス指導のために作成したもの
  • アルファベット大文字カード26枚(A〜Z)
  • アルファベット小文字カード26枚(a〜z)
  • 音の足し算カード(ba, be, bi/by, bu, bo...)

 

フォニックス指導方法とバリエーション

 毎回授業の始めの数分で行います。よくあるのが、入学してから1ヶ月間くらい集中的にフォニックスやペンマンシップの指導をし、一通り終わると継続した指導はしないということです。このやり方を僕自身、はじめは他の先生方の見様見真似でやっていましたが、子どもたちがこの1ヶ月間でどれだけフォニックスのルールや正しい発音を身に着けたかは疑問でした。ここで感じたのは、フォニックスのルール確認や、発音練習は、継続的に、そして適宜必要なときには必ず行う大切さです。

 基本的な授業始めの帯活動としては…

  • アルファベットの名前読み
  • アルファベットの仕事読み
  • アルファベットの名前+仕事読み
  • アルファベットの音の足し算(子音+短母音)
  • アルファベットの音の足し算(子音+長母音)
  • アルファベットの音の足し算(子音+短母音→子音+長母音)

このようなパターンを毎回、生徒の様子を見ながら指導すべきものを判断し、短時間で確認します。

 
フォニックス指導上の工夫

 基本的には、発音を一斉にしたり、数名を指名してみたり、単純に発音練習をしています。ここでダラダラと時間をかけず、決めた時間をこえたら途中でやめ、次の活動に移ることにしています。短時間でも回数をこなし、継続的に練習することが、生徒の力を伸ばすと思います。

 さらに、田尻先生のワークショップで言われていたことも活用しています。生徒にとって発音が難しい単語が出てきた際に、単語を縦書きにすることです。これによって、文字1つひとつの音と、フォニックスのルール確認が同時に行えます。例外についても、その場で教えることができます。生徒が発音に手こずっていたり、難しく感じている場面には、黒板にその単語を一文字ずつ(場合によっては複数文字)縦書きにしていき、発音の確認をすれば、子どもたち自身が自分で正しく発音できる力につなげられると思います。必要があれば、その場で適宜指導することが、何よりも大切なことかと思います。

 このようにフォニックス指導を継続することで、単語の読み書きができる生徒は増えたように思いますが、それでも難しさを感じる生徒はいます。同じ方法をしていても、彼らはつまづいたままでしょう。そのような子たちがよりよく理解し、身につけていけるためには、どのように現在の指導法を工夫すればよいのかを、今後考えていきたいと思っています。

 

昔ながらの日本の英語教育をやってみよう⑤(Q&A編)

前回の続き…

 

今回は、以下のような課題への取り組みです。

  1. 肯定文を疑問文に変換するのに困る。(トップ層の生徒も一般動詞の過去形の疑問文づくりに戸惑います。)
  2. 疑問文に対して、適切に答えられない。(主語から文を始めることができず、最終的にはショートアンサーになる。)

 

そこで次のような目標をたてました。

  • 疑問文のつくり方と、答え方をマスターしよう!

 

指導の手順
  1. 前回の日本語訳・文構造などの確認が終わったら、新たに以下のようなプリントを配布します。
    f:id:merasan:20171011232338j:image
  2. まずは先ほどまでの活動で完成した、生徒自身の訳と、プリントのチャンク訳を改めて確認させる。
  3. その後、プリントの疑問文づくり問題に取り組ませる。
  4. 全ての問題ができた生徒は挙手をして、教師による添削をする。
  5. 間違いは解き直し、全問正解ならば、ミニティーチャーとして教室を歩き回り、クラスメイトに助言や、採点をする。

 

指導のポイント
  1. be動詞の文なら、主語とbe動詞をひっくりかえすだけであると教える。
  2. 一般動詞の現在形ならば「普段からしている」という意味で、恥ずかしがり屋のdo/doesが隠れていると教える。
  3. 一般動詞の過去形ならば「過去にしました」という意味で、恥ずかしがり屋のdidが隠れていると教える。
  4. 答えるときには、主語を適切な代名詞に変化させることを教える。
  5. クール、ショート、ロングアンサーの3つの答え方を教える。

 

指導上の難しさ

 本来ならば、1つの肯定文の下線部の位置を問題ごとに変えながら、yes/no疑問文、how、wh疑問詞、といろいろな疑問文をつくるトレーニングをしたい。また、それに対して、クール(最も一般的な答え)、ショート(必要最低限だけの短い答え方)、ロング(最も長い答え方)と、様々なバリエーションで答えるトレーニングをしたい。しかし、時間的な面、活動の形態(全体?ペア?グループ?など)の制約から、なかなかそのような活動をするのは難しい。したがって、上記のような数問のみ、限られたパターンでの疑問文づくりと、答え方のトレーニングにしている。

 

疑問文と答え方(ロング、クール、ショート)などについては、田尻先生の文献を参考に

 

 

田尻悟郎の英語教科書本文活用術!―知的で楽しい活動&トレーニング集

田尻悟郎の英語教科書本文活用術!―知的で楽しい活動&トレーニング集

 

 

 

昔ながらの日本の英語教育をやってみよう④(英文和訳編)

前回の続き…

 

次の課題に対する取り組みです。

  • 忘れ去っている英文法が多く、英文の構造を分析する力が乏しい。(to+動詞の原形?なんだっけそれ?という感じでした…)
  • 英語の語順の感覚がない。
  • センスグループごとに、文のまとまりが見抜けない。

 

そこで、次の目標を掲げて授業をします。

  1. 主語と動詞を見極めよう!
  2. 文のまとまりごとに、前から前から意味をとろう!

 

指導上の工夫ポイント

配布するプリントは以下のような形式です。


f:id:merasan:20171007202611j:image

1時間目の授業で、

①チャンクごとにスラッシュ区切り

主語のカタマリを□で囲む

③動詞のカタマリに二重線でアンダーライン

をしました。

 

そして…

④チャンクごとの日本語訳

を宿題として与えます。

 

 

なぜあえての日本語訳?

このあとは、宿題として、チャンクごとの日本語訳をさせてきます。速く読むためには、すばやく文構造を分析する力が必要であり、さらには、ある程度の意味のまとまりごとに、前から前から理解できるように訓練しておく必要があると思います。

 以上の2点を、それぞれの生徒がどれだけ習得したかを確認するためには、日本語訳ができたかどうかでチェックするのが、最も確実であると考えたからです。

 

指導の工夫
  1. 語順に対する意識が養われていないため、「だれ何が/は」「どうする」「イコール」などを小さく、プリントの英文の上に記しておく(生徒に聞いたところ、英文を理解する上でかなり手助けとなるとのこと。よって、生徒のレベルに合わせて、だんだんと分量を減らしていき、最後は補助なしで読めるようにしていきたい。)
  2. 2時間目は、宿題としてやってきた日本語訳を、教師の指名で答えさせる。(指名は座席順に)
  3. 指名して答えさせる内容は、①チャンクごとの日本語訳②代名詞の指す内容③文法や表現に関する知識の確認など
  4. 答えられずに5秒間沈黙したら失格で、次の人に回答権が移動する

 

 ただひたすらに、日本語訳を座席順に言わせるだけでは、生徒たちの緊張感も失われていくので、問題は日本語訳以外のものをどんどん入れながら行います。(生徒にとって難易度が高い質問も織り交ぜていくと良いと思います。)また、5秒間沈黙したら次の人に飛ばされることで、「答えたい気持ち」と「答えられなかったときの悔しさ」のどちらも感じさせることがでかると思います。

 

指導上の留意点

 わざと「沈黙」や「わかりません」を繰り返す生徒が出てくると思います。これが、この指導方法の難しさだと思います。ただ、どの生徒も「人に認められたい」とか「できるようになりたい」という気持ちは持っているはずで、その部分を教師がくすぐってやることが必要かと思います。

 そのような英語が苦手な生徒には、さりげなく、適度に簡単めの質問にしてやることで、「できた」という達成感につなげ、意欲向上につながるよう配慮してやることで、プラスのスパイラルにつなげられたらと思います。

 日本語訳をさせることが最終目的ではなく、英文の構造分析の力を高めるための手段として、このような授業を行っています。また、一度に全体に情報の共有ができるという、一斉授業の形式のメリットを最大限に生かしながら、生徒の英語力と学習意欲向上に取り組んでいます。

昔ながらの日本の英語教育をやってみよう③(構造分析編)

今回は、次の課題に対する取り組みです。

  • 忘れ去っている英文法が多く、英文の構造を分析する力が乏しい。(to+動詞の原形?なんだっけそれ?という感じでした…)
  • 英語の語順の感覚がない。
  • センスグループごとに、文のまとまりが見抜けない。

 

そこで、次の目標を掲げて授業をします。

  • 主語と動詞を見極めよう!
  • 文のまとまりごとに、前から前から意味をとろう!

 

授業の手順
  1.  まずは、生徒にとっては「どうでもいい」与えられた文章が「読みたい文章」に変わるようにする。(例)本文を見ずに、リスニングのみで内容を推測し、ペアでじゃんけんに負けたほうが日本語で内容説明する。など
  2. 「読みたい文章」に近づいたら、チャンク(意味のまとまり)ごとにスラッシュを教科書に入れさせる。(スラッシュは前置詞、接続詞、場所・時を表す表現の直前など)
  3. プリントにあらかじめ、教師がスラッシュ分けしたものを配布し、自分のものと比べさせる。
  4. 主語(だれ何がは)を見つけ、プリントの本文に□で囲ませる。
  5. その後の授業展開のバリエーション

① できた生徒は挙手し、教師は生徒の解答をチェック→合格した生徒はミニティーチャーとして、教室を歩き回り、出来ていない生徒に教える。ミニティーチャーに合格をもらったら、その生徒もミニティーチャーとなり、教室を歩き回る。

② 先着○名には、「やる気シール」をあげると伝える。出来た生徒は採点してもらうために、教卓の前に列をつくる。全問正解でないと再度並ぶことになる。生徒の競争心をくすぐる。

③同じ流れで、動詞のカタマリに二重線でアンダーラインをさせる。(不定詞の動詞には二重線させない)

 

 配布しているプリントは、以下のような形式です。


f:id:merasan:20171005212535j:image

 これでほぼ1時間が終わります。宿題として、あえてチャンクごとの日本語訳をさせます。「授業は英語で」と言われる時代にもかかわらず、時代と逆行したやり方かもしれませんが、目の前の子どもたちには一番良い方法と信じて取り組ませています。

やる気シールでモチベーションアップ!

 生徒に意見を求めても、なかなか挙手や発言が出ない…そんな時の強い味方がこれです!

 

ニチバン マイタックラベル ML-120 直径8mm

この、何の変哲もないシールを求めて、生徒がバンバン手をあげるようになりました。

そのためのポイントとは?
  1. 何の変哲もないシールを「やる気シール」と呼ぶ
  2. 正解したときだけでなく、挙手して発言したら、もれなくあげる(つまり、間違いは認めてナイストライと判断する)
  3. 挙手した生徒を当てる順番は、「手をあげるのが早かった順」(ただし、さりげなく、同じ生徒ばかりにならないように配慮する)
  4. フライングして、ずっと手をあげている生徒は反則
  5. シールをあげるタイミングは、「答えた直後」がベスト
  6. 授業展開によっては、シールをあとで取りにこさせる(ただし、僕はこれをやると、いつもシールをあげ忘れます)
  7. やる気シールは教科書の裏に貼って集めていく

 

というふうに、かなり単純な方法が意外にも功を奏しています。これは1年生にもハマりました。しかしそれ以上に、英語学習へのモチベーションが低いはずの、3年生にもどハマりしているようです。「こんな方法、ガキっぽいよな」とか「こんなことでやる気は出ないだろう」とこちらが想定していたにもかかわらず…

生徒によっては、「シールで僕らをつるなんて!」と言いながら、うれしそうにちゃっかりもらいに来ます(笑)

注意点は、シールをあげるのを後回しにすると、ついつい忘れがちになることです。そういう意味では、答えた直後がベストですが、授業のテンポが悪くなるのがデメリットかと思います。

 最終的には、関心意欲態度の成績を出す材料として考慮していきます。

スポンサーリンク