English Classroom

中学3年間の戦略、導入・展開などの授業記録

音読指導、発音指導の失敗。初心にかえります。

昨日は、納得のいく教科書音読の授業ができませんでした。モヤモヤ… 先日、市のスピーチコンテストに参加し、他校の生徒の姿を見ることができました。やっぱり発音って大切です。相手にメッセージが正しく伝わる上で、障害となるような発音は問題です。 特に…

Who is this?を「有名人クイズ」で導入、他己紹介への展開

疑問詞のWhoを導入しました。この時点で、3単現のsについての理解は済ませています。また、その後に他己紹介の課題へと展開しました。 その時に使用したスライドは以下のものです。 Lesson 5-1 Who is this from merasan 導入の流れ 全員起立させる。 ヒント…

不定詞(形容詞的用法)の導入と後置修飾Matching Game

不定詞の形容詞的用法を導入し、Matching Gameで体感的に練習しました。 導入の流れ 今日はMatching Gameをすると伝え、次のプリントを配布する。 文法説明を手短にし、空欄には to+動詞の原形 と記入させる。 Matching Gameの選択肢となるフレーズを口頭練…

インプット、アウトプット、提出課題のバランスをとるのが難しい。

最近わかったこと、感じていること 1年生は「自己表現」活動がまだ難しいレベル。「パターンプラクティス」をしっかりと。 1年生はTalk and Talkの内容、分量、インタビューテストがちょうどよい。 2年生からは「自己表現」する機会をかなり増やせる。特に「…

不定詞(副詞的用法)の導入と英語通信の活用

不定詞の副詞的用法の導入をしました。その後は、「職員室に行く理由」について書き、クラス・学年でランキングを発表しました。 指導の手順 「日記をレベルアップする方法」を新たに学ぶことを伝える。 そのために「理由・目的」を追加できるようになろうと…

【英語教師あるある】ちまたにあふれる手法に惑わされがち。

英語教育に関する書籍、DVD、セミナーなどの豊富さは他教科に比べてかなり充実しているように感じられます。ただし、我々はそれらと上手に付き合うことができているのでしょうか。 魅力的な手法を目の前にして、目的を見失う ちまたにあふれる様々なアイデア…

【英語教師あるある】文法導入に凝り、授業でも時間を消費しがち。

良い「文法導入」をすることに魅力を感じてしまうのは、僕だけでしょうか。生徒たちが目を輝かせながら、教師が何を伝えようとしているのかを、必死に捉えようとする。生徒たちは、未知の英語表現との出会いを楽しんでいる。では、目指すべきは「文法導入」…