English Classroom

中学3年間の戦略、導入・展開などの授業記録

現在完了形(継続)の導入

 現在完了形の導入をしました。次のスライドを使いました。

導入の手順

  1. 授業始めの生徒とのやり取りの中で、Do you know where I’m from?と聞く。
  2. 生徒の発言に合わせて、スライドを段階的に進めながら、I live in 〜now.と伝える。
  3. スライドを進めながら、いつの時点から住み始めたかを伝える。I started to live....
  4. スライドを進め、現在完了形の継続用法で期間を伝える。I have lived in.....
  5. 現在完了形の英文をリピートさせる。
  6. ペア同士で、どんな意味になりそうかを相談させる。
  7. 次のプリントを配布する。f:id:merasan:20190508203910j:image
  8. 文法説明後は、ペアでBasic Dialogueに挑戦させる。

まとめ

   現在完了形という専門用語が、生徒の理解を妨げると考え、「過去の出来事を強く結びつけた現在形」であると言い換えました。あくまでも「現在形」であるということを何度も伝えました。

   ただ、すぐにはイメージできなかったり、理解できない生徒が大半です。そこで、「僕自身が現在完了形の感覚が分かり始めたのは、大学生の頃になってやっとかな」と伝えています。生徒の気持ちを軽くし、時間をかけて習得していくように励ましました。