英語の授業メモ

授業改革と実践の日々

スポンサーリンク

【1年生】パンチゲームで全ての代名詞とbe動詞を一気に楽しく導入

  ここまでで代名詞のI とyou、そしてbe動詞のamとareについての理解と定着を進めてきました。

中間テストが終了してからは、その他の代名詞とbe動詞についての学習に入りました。

 ここで非常に有効なのが、田尻先生の考案されたパンチゲームです。これは、とくに1年生の授業では繰り返し行いますが、2年生、3年生になっても、必要に応じて繰り返し取り組んでいく意味のあるものです。生徒たちが代名詞と動詞の関係性で迷った際には、すかさずパンチゲームをしてあげることで、すんなりとつまづきを解消してあげることが可能になります。

まずは次の表を黒板に書きます。
f:id:merasan:20180616144322j:image

そして、「みんなにとって、一番大事なのは誰かな?」と聞いていきます。たいてい、友達や家族のことをあげてきますが、ここで「たしかにそうだけど、まずは自分が一番大切でしょ。先生は自分がかわいい。笑」などといいながら、次の質問に移ります。じゃあ、「次に大切にしなきゃいけないのは誰?」と聞いていきます。「1番目が自分なら、つぎは目の前の人を大切にしなきゃね。」と言いながら、次のように板書します。 
f:id:merasan:20180616144339j:image

「次はそれ以外の人たちだね。単数で男性はhe、女性はshe、それ以外の物事はit」

「複数になると、こうなります。」と言って、次のように板書します。 
f:id:merasan:20180616144357j:image

複数の人称代名詞については、「すぐに覚える必要はないけど、知っておこう」と伝え、負担を軽減してやります。

そして、次に対応するbe動詞を、am/areについては復習になるので、全体で確認しながら、isも導入し、次の表を完成させます。 
f:id:merasan:20180616144426j:image

そして、パンチゲームのやり方を説明し、ペアで活動させます。

(パンチゲームのやり方については、さまざまな書籍やTalk and Talkで紹介されているので割愛します。)

今回は肯定文のパンチゲームのみです。

じゃんけんに勝った人が、ランダムに10回パンチし、それに対してすばやく答えます。

その後、役割交代をします。

1回戦目は、たてペアで次の表を見ながらやってよいということにします。
f:id:merasan:20180616144426j:image

2回戦目は、よこペアで黒板の表から次の表を見ながらやります。
f:id:merasan:20180616144357j:image

3回戦目は、ななめペアで、次の表でやります。
f:id:merasan:20180616144322j:image

その後は、教師vs全体で改めて確認をし、次のプリントを配ります。
f:id:merasan:20180616145239j:image

空欄を埋め、説明が終了したら、Talk and Talk4の課題に取り組ませ、家庭学習につなげます。

次の時間には、パンチゲームの疑問文編・否定文編に入ります。

パンチゲームおこなっていく上で、僕が工夫した点は以下の通りです。

肯定文→グー、疑問文→パー、否定文→チョキ、という区別をしておくと、生徒同士で活動する際に、道具を何も準備することなく、ランダムでさまざまな文型に変化させることが可能になります。

ぜひパンチゲームの際には取り入れて見てください。(否定疑問については考え中・・・)

 

生徒の心に火をつける―英語教師田尻悟郎の挑戦

生徒の心に火をつける―英語教師田尻悟郎の挑戦

 

 

 

 

スポンサーリンク