英語の授業メモ

授業改革と実践の日々

スポンサーリンク

入試用単語帳をつくってみました。

特に3年生になって何度も痛感したこと。それは、生徒たちの英語の語彙力の乏しさでした。英単語を定着させるための手立てとして、何をすべきだったのかを考えてみました。

 

語彙力をつけるために
  • 音を文字に、文字を音にできる
  • 既出単語が教科書や教材のどこに出てきたか分かる
  • 地道な反復練習(発音して、書いて)
  • 授業における既出単語の確認活動
  • 英語の定義や例文から英単語を連想する

 

 今までは、ペアで既出単語を瞬時に英語や日本語に変換し、自分の覚えた単語や、そうでないものなどを確認する活動を毎回していました。しかし、この3年間は他の活動に重点をおき、その活動を継続的には行っていません。授業の中や、家庭学習で何度も既出単語を活用する中で、自然と覚えていくことを期待しましたが、その判断が生徒の語彙力の低下を招いたように思います。

 今から語彙力を強化するために、子どもたちにとって便利で使いたいと思えるもの、また授業や家庭学習で活用できるものをと思い、入試で頻出順の英単語帳をつくりました。


f:id:merasan:20170929073027j:image

2011〜2015までの入試問題を表計算ソフトに打ち込み、最も頻出のものからリストアップしました。


f:id:merasan:20170324134515j:image

また、授業や家庭学習で個人やペアで活用するために、「英語→日本語」、「日本語→英語」の変換練習ページをつくりました。


f:id:merasan:20170324134702j:image


f:id:merasan:20170324134726j:image


f:id:merasan:20170324134735j:image

さらに、不規則動詞の頻出順リスト、付録として曜日や数字の一覧も追加しました。


f:id:merasan:20170324134935j:image


f:id:merasan:20170324134949j:image

そして最後に単語調べにも活用してもらえるように、アルファベット順に並べ、索引をつけました。


f:id:merasan:20170324135148j:image

 子どもたちはかなり喜んでくれ、勉強の意欲が湧いたとの声をたくさん聞き、こちらも達成感がありました。

 ただ、「発音」や「例文」を盛り込む余裕がなかったのが、非常に悔やまれる点です。

 はじめは、「書けること」を意識させるために、ペーパテストで授業のはじめに小テストをしましたが、どんどん子どもたちも苦痛に感じはじめたようでした。

 そこで、ペアでの口頭テストに切り替えました。正しく言えたら、チェックボックスに印を入れさせたり、言えなかったらチェックボックスに×を入れたりというパターンで続けました。「0秒ルール」と名付け、瞬間的に言えなかったらアウトとすることで、ペーパーテストの時とは違い、子どもたちがワイワイと盛り上がりながら活動していました。

 やはり、「かつてやっていたように、毎時間コツコツと取り組ませていればよかったのに…なんで今さら…スマンみんな…」と何度も後悔しました。

 この後悔は、来年度以降に必ず生かします!!!

 

 

スポンサーリンク