English Classroom

中学3年間の英語の授業アイディア、英語教育についての考え・悩みを日々記録しています。

家庭学習

【まとめ】家庭学習のやる気を高めるための工夫

家庭学習のあり方は僕の興味がある分野で、結構それについての試みが多いのですが、家庭学習について自分が考えているのは以下です。 授業で勝負!とは思いながら、家庭学習なしに習得は難しいだろう。 家庭学習の必要性を気づかせる・感じさせる仕組みをつ…

【まとめ】家庭学習のノート指導

田尻悟郎先生の「自学ノート」の実践をもとに、自分なりにもノート指導を試行錯誤してきました。過去の記録はこちら。 過去記事がごちゃごちゃしてきたので、現在の形を改めて整理しておきます。 どんなノート? 通常の4線ノートを中1の始めだけは全員分購…

夏休みの宿題を通して、自律的学習者の育成を目指す

新課程の3年目に入り、知識・技能を鍛えること、思考・判断・表現の場面を設定して取り組ませることにバランスよく取り組むことが大切であると実感しています。そこで、授業と家庭学習の連動を一層意識して、知識・技能の定着を促すために、準拠ワークではな…

1対1で向き合うと、生徒が元気になる。

とある田舎の公立中学校の教師の頭の中 いろんな状況の生徒たちがいる。ファストラーナーたちは、こちらの理想どおり、もしくは想定以上にどんどん学ぶ、定着も早い、応用もきく。なかなかうまくいかない展開になったとしても、柔軟に対応する。でも、現実は…

【副教材】生きて働く知識・技能を育てるための教材選び

新課程2年の振り返り(2022) 新課程の2年間が終わろうとしているので、ここで振り返りを。個人的には、現行学習指導要領の「コミュニケーションの中で実際に使いながら学んでいく」という考え方はとても好きで、言語活動のあり方や設定の工夫について学ぶこ…

自律学習者を育てること、英語教師としてできること

自律学習者の育成は英語教育でも長年のテーマだと思いますが、一筋縄ではいかないなということを痛感しています。日常生活で英語を使わなくても生きていくことができる日本で、目的意識をもたせて英語学習に向かわせるために、教師である自分に何ができるの…

自学ノートのシステム

田尻先生の実践から、自学ノートを取り入れています。自学ノートにより、授業と家庭学習が連動するだけでなく、自分で内容を決め、課題に向けて取り組む自主性が身につきます。 実践記録(2019年) 1年生はTalk and Talkに取り組んでいるので、「家庭学習ノ…