English Classroom

中学3年間の戦略、導入・展開などの授業記録

長文を扱う授業の指導方法③(別パターンの授業プリントと展開)

以前書いた記事はこちらです。

最近は、次のようなパターンも試しています。

授業プリントのデザイン

〈全体〉

f:id:merasan:20200110212950j:image

〈左ページ拡大〉

f:id:merasan:20200110213000j:image

〈右ページ拡大〉

f:id:merasan:20200110213212p:image

〈裏面〉

f:id:merasan:20200110213223p:image

〈別紙の語順訳〉

f:id:merasan:20200110213235j:image

実際の授業の流れ

  1. 主語に四角、動詞に二重線を引かせる。
  2. チャンクをスラッシュで分けさせる。
  3. 新出単語の導入をする。
  4. グラフィックオーガナイザーで情報を整理させる。
  5. 答えを確認し、文法や表現の解説をする。
  6. 英文に関して口頭でQ&Aをする。
  7. 英文に関する疑問文をつくらせる。
  8. 応用の活動をする。(リテリングやエッセイなど)
  9. 語順訳を配布する。

プリントの別パターン

〈疑問文づくりver.2〉

f:id:merasan:20200117162918j:image

〈虫食い読み〉

f:id:merasan:20200117162930p:image

まとめ

 日本語訳を介することなく、グラフィックオーガナイザーや、Q&Aで内容把握を進めていくことができます。また、本文に関する疑問文づくりもさせることができます。この例では、答えから疑問文を導くようにしていますが、本文の内容から自由に質問をつくらせることもしています。生徒が本質を突いた質問ができるようになればと期待しています。

参考文献

高校英語授業を知的にしたい −−内容理解・表面的会話中心の授業を超えて

高校英語授業を知的にしたい −−内容理解・表面的会話中心の授業を超えて