English Classroom

中学3年間の戦略、導入・展開などの授業記録

must、have toの導入と「家族のルールを書こう」への展開

must、have toを使って、「家族のルール」を書いてみました。

指導の流れ

  1. must、have toについて次のプリントで穴埋めをしながら文法説明する。f:id:merasan:20191013073413j:image
  2. 次のプリントを配布する。f:id:merasan:20191013073420p:image
  3. プリントに従って、状況設定を伝える。
  4. 日本語で「しなければならないこと」、「する必要ないこと」「してはいけないこと」を具体的に書かせる。
  5. プリントに英語で書かせる。
  6. 主語を何にすればよいかをしっかり意識させる。
  7. 教材提示装置で記入したリストを見せながら、一人ずつクラス全体に発表する。

まとめ

 「家族のルール」は各家庭それぞれに異なるので、興味深い活動ではあると思いました。他人のことへの関心が高まるので、グループやペアでの活動にも適していると思います。

 ただ、工夫をすればより良い活動にできると思います。mustとhave toをまとめて導入し、さらにニュアンスの違いまで理解させようとしたため、生徒にとっては負担が大きかったように思います。また、文法説明で教えこむ形にしかできていないところも問題です。また、最終的な活動も改善の余地が大いにあります。次回に向けて考えていきます。