English Classroom

中学3年間の戦略、導入・展開などの授業記録

教科書本文の読解・音読指導②(授業デザインについて)

  教科書本文を扱う授業のまとめ。今回は授業デザインについてです。

前回の記事はこちら。

授業改善の方向性

  授業の問題点から、次の改善策が浮かびました。

  1. 活動後には必ず全体の前で成果をチェック
  2. 伝わらない発音は指摘する
  3. 英語を自分で操作する活動を入れる
  4. 意味を伝え合う活動を入れる
  5. ペア活動で使いやすいプリント作成
  6. 家庭学習で個人練習に使えるプリント作成

 

  さらに、鍛えるべき生徒の力は次の通りです。上の改善策をふまえて考えていきます。

  • 負荷がかかっても正しい発音ができる。(1・2)
  • 音のつながり・消失を見抜き、実際に発音ができる。(1・2・3)
  • 文構造を見抜くことができる。(3)
  • 肯定文から疑問文への変形を自在にできる。(1・3)
  • 代名詞変化を自在にできる。(1・3・4)
  • 内容に関する質問にクールアンサーで答えられる。(1・4)
  • 感情を込めて音読することができる。(1・4)
  • 教科書の内容や挿絵について英語で説明できる。(3・4・6)

 

実際の授業の流れ

「鍛えるべき生徒の力」をトレーニングするための授業をデザインします。

実際には次のように展開していきます。

①内容をイメージ(オーラルイントロダクションから/リスニングから)

②文構造の確認

③音のつながり、消失の確認

④新出単語導入

⑤音読

⑥疑問文づくり  ※1年生〜2年生2学期

⑦Q&A

⑧発展→家庭学習へ(Picture Describing / Retelling / Debate など)※2年生から

 

授業プリントのデザイン

  授業プリントは次のように構成しています。

〈表面〉

f:id:merasan:20190206160533j:image

〈裏面〉

f:id:merasan:20190206160550j:image

〈表裏〉

f:id:merasan:20190206160608j:image

※ ノートに貼っても、このようにめくって答えを確認することができます。

授業プリントの工夫

〈表面〉

f:id:merasan:20190206160638j:image

※ Q&Aは1回戦ごとに内容理解を深めるために、Round 1のYes/No疑問文をRound 2の疑問詞の疑問文に、Round 2のYes/No疑問文をRound 2の疑問詞の疑問文として使い回す工夫をしています。

〈裏面〉

f:id:merasan:20190206161255j:image

発展の活動について

  比較表現を学習した2年生の3学期からは、「疑問文づくり」を次の活動に変えて、本格的なディベートに備えてトレーニングを開始します。

〈表面〉

f:id:merasan:20190206161856j:image

  また、授業の終わりには以下のようなプリントで、Picture DescribingやRetellingの活動をし、家庭学習で完成させるようにします。

〈Picture Describing〉

f:id:merasan:20190207060126j:image

〈Retelling〉

f:id:merasan:20190207060132j:image

まとめ

  以上のように、教科書本文を扱う授業を改善しました。これはあくまでも、僕が生徒に求める力を高めるための授業デザインにすぎません。目標が違えば、授業デザインも異なります。まずは、それぞれの教師が、理想の生徒像を夢見て、3年間のビジョンをつくるところに力を注ぐべきであると思います。