英語の授業メモ

授業改革と実践の日々

スポンサーリンク

give A B (SVOO)の導入とテレパシーゲーム

 SVOOの文型の導入とグループで取り組める活動にチャレンジしてみました。

 

give A B(SVOO)の導入の流れ

1.  田尻悟郎先生の語順表(英語用フラットファイルの裏表紙に貼っています)を確認させる。

今日は初めて、語順表1-Cを使うことを伝える。

2.  語順表1-Cは、「だれなにがは」「どうする」「だれに」「何を」という構成になっていることを全体で確認する。

3.  今日は『昔話でテレパシーゲーム』を行うことを伝える。

4.  次のスライドを見せながら説明する。

5.  「桃太郎」の挿絵スライドを見ながら、どんな場面かをたずねる。(例: 桃太郎が犬にきびだんごをあげた場面)

6.  それを語順表1-Cにそって、日本語で全員で言う。(例: 「桃太郎が」「あげた」「犬に」「きびだんごを」)

7.  今度はそれを英語に変換して全員で言う。(例: Momotaro gave a dog kibidango.)

8.  次に、昔話の挿絵を見せながら、昔話のタイトルや内容をテンポよく確認する。

9.  テレパシーゲームのルールを説明する。

10.  4人組のグループでジャンケンをし、役割を確認する。(1番勝→「だれ何が・は」、2番勝→「だれに」、3番勝→「何を」、4番勝→「挿絵」)

11.  次のスライドをB5用紙に印刷(全37枚×グループ数)しておき、各グループに渡す。自分の役割のプリントを受け取る。

12.  制限時間5分でゲーム開始する。

13.  文と絵が一致したら、教師のところへ来て披露する。正解であれば、やる気シールを渡す。(制限時間内は何度も挑戦する)

14. 時間がきたらゲームを終了し、次のプリントを配布する。

f:id:merasan:20180930135738j:image

15.  文法説明をしたら、トークアンドトークの課題に取り組む。

 

まとめ

 全員の選択した単語と挿絵が、運よく合致しないと、ヘンテコな文ができます。その度にグループで笑いあいながら、英語が苦手な子も得意な子も、みんなで取り組むことができていました。

 5人組になった場合は、役割を交代させながら活動させたり、完成した文を音読し意味確認する役割を与えるなども可能です。

 昔話の挿絵を探すことに時間がかかりましたが、想像以上に大変だったのは、37枚のプリントを大量に印刷し、各グループ用にセットして準備することでした。ただ、授業が終わったあとに、「英語、たのしかったー」と言いながら次の授業の教室へ移動していく姿をみて、すべての苦労や疲れが吹き飛びました。なんとも単純な自分だなぁと思います。