英語の授業メモ

授業改革と実践の日々

スポンサーリンク

教科書音読で心のつぶやきを書こう(星飛雄馬音読)

 教科書本文の活用について、前回の授業では「音節指差し音読」を取り入れてみましたが、Lesson1-2の本文は「星飛雄馬音読」で展開してみました。

目的と工夫のポイント

 すでにTalk and Talkで反復練習をしているため、内容理解については容易にできる状態です。そのため、本文の内容理解を越えて、「登場人物の心情をさらに深く感じる」ことを目指しました。

 本来は、エマと健が初めて出会い、自己紹介しあうのですが、「エマは健に一目惚れしている」という設定を付け加えます。生徒たちは、この「登場人物の恋愛ネタ」が大好きなので、ニヤニヤしながら食いついてきます。

指導の手順

次のプリントを配布します。


f:id:merasan:20180607045734j:image

 

 まずは、活動の説明をします。人が発言する前には、その発言にいたるための「心の中の気持ち」があることを説明します。教科書の登場人物も、それぞれのセリフを話す前に、「心の中のつぶやき」があります。各自でプリントの( )内に、日本語で「心のつぶやき」を書かせていきます。

 各自で書けたら、ペアになってお互いの作品を見せ合います。そして、ジャンケンで勝った方の作品に沿って、感情を込めて音読させます。これをペアを変えながら数回行います。

 最後に、よかった作品を投票させたり、全体の前で音読を披露させ、全体でシェアしていきます。最高に盛り上がります。

 

(次の実践参考にさせていただきました)

 

 

田尻悟郎の英語教科書本文活用術!―知的で楽しい活動&トレーニング集

田尻悟郎の英語教科書本文活用術!―知的で楽しい活動&トレーニング集