English Classroom

中学3年間の戦略、導入・展開などの授業記録

教科書音読でフォニックスルールの確認

 Talk and Talkを活用して、家庭学習ノートを何度もやり直しさせながらパターンプラクティスをしっかり行ったところで、教科書本文の内容理解と音読に入ります。すでにTalk and Talkで自己紹介までできるようになっている生徒たちにとっては、内容理解は簡単です。

 そこで、授業のはじめのWarm Upで必ず練習し、パフォーマンステストを行っている「フォニックスの名前読みと、仕事よみ」の確認を教科書本文でチャレンジしてみます。

指導の手順

次のようなプリントを配布します。


f:id:merasan:20180606052831j:image

音節ごとにスラッシュで区切っているので、指差しながら「名前読み」か「仕事読み」か、「例外ルール」かを判断しながら音読させます。

スラスラとできるようになったら、教師と1対1でテストをしてあげます。そして、合格した生徒には「やる気シール」をあげます。

 

教科書1-1の本文は以上のように活用してみました。(アイデアはこの本からいただきました)

 

田尻悟郎の英語教科書本文活用術!―知的で楽しい活動&トレーニング集

田尻悟郎の英語教科書本文活用術!―知的で楽しい活動&トレーニング集