English Classroom

中学3年間の戦略、導入・展開などの授業記録

1年生のTo Do List と年間指導内容をつくろう!

見通しをもった授業のために

 1年間の授業を運営していくうえで、行き当たりばったりの授業にならないように、しっかり先を見通して計画をしていくことが必要であると思います。また、生徒にとっても、この1年間で何を達成するべきかが分かりやすいほうが、生徒たちの意欲向上にもつながると思います。この1年間で、生徒たちがやるべき課題についてはTo Do Listとして配布します。 

 

  • 1学期

f:id:merasan:20180322182147j:image

  • 2学期

f:id:merasan:20180322182209j:image

  • 3学期

f:id:merasan:20180322182222j:image

 また、どのように授業を1年間で進めていくかということは、年度はじめや学期はじめに計画しておきます。授業時数と学校行事との兼ね合いもありますが、できる限り実現可能なラインで計画を作っておくことで、安心して日々の授業に取り組むことができます。(今年は転勤してきたばかりで余計に計画は難しかったですが…)

授業計画は以下の通りです。

  • 1学期

f:id:merasan:20180322182302j:image

  • 2学期

f:id:merasan:20180322182320j:image

  • 3学期

f:id:merasan:20180322182335j:image

 もっと早い段階で教科書内容は終わらせて、もう一度教科書の音読と暗唱に入る余裕をつくることが、次回への反省です。

 

パフォーマンステストについて

テスト期間に入ると、次の文法や教科書内容には入らずに、パフォーマンステストを実施します。パフォーマンステストは、Talk and Talkの内容と、教科書音読のテストです。生徒たちには以下のようなプリントを配布しているので、パフォーマンステストで合格できるように、各自練習に取り組ませます。 

f:id:merasan:20180322182353j:image

  • 1学期音読テスト

f:id:merasan:20180322182416j:image

  • 2学期音読テスト

f:id:merasan:20180322182434j:image

  • 3学期音読テスト

f:id:merasan:20180322182447j:image

f:id:merasan:20180322182547j:image

f:id:merasan:20180322182700j:image

f:id:merasan:20180322163028j:image

また、ALTとのスピーキングテストも、テスト期間中に並行して行います。

テスト期間は生徒だけでなく、1対1でテストを繰り返す教師にとってもなかなかしんどい期間になります(笑)

 

家庭学習ノートについて

 家庭学習については、田尻先生の実践に習い、4線ノートを使用して学習に取り組ませます。毎日提出するノートに、空き時間を使ってチェックやコメントを書いてやりながら、子どもたちとの関係づくりも含めて、ノート指導を行っていきます。(生徒指導の多い学校となると、なかなか空き時間を捻出するのは難しいかと思いますが、僕も何とかやりくりしながら根気よく続けています。)英語学習のためだけでなく、生徒とのつながりが深くなることも、田尻先生の自学ノートシステムのメリットだと感じています。 

 特に、Talk and Talkの課題に関しては、合格まで何度も繰り返し提出させ、合格した際には以下の合格証をノートにはさんで返却してあげます。
f:id:merasan:20180322163203j:image 

また、この合格証を集めていくのも楽しくなればと、以下のような合格証コレクションシートも配布し、集めた合格証を貼らせていきます。
f:id:merasan:20180322163238j:image

 

 今年度の授業はここまでですが、よかったことも悪かったこともたくさんありました。生徒たちに、英語の授業アンケートをとっているので、それを見ながら来年度への改善につなげていけたらと考えています。