英語の授業メモ

授業改革と実践の日々

スポンサーリンク

3年生最後のスピーチづくり①

 3年間の、集大成にスピーチづくりに取り組みました。タイトルはいろいろ悩んだ末に"My Treasure"にしました。

 まずはブレインストーミングに次のようなワークシートを使いました。


f:id:merasan:20170330121343j:image

ステップ2では、始めから英語で書くのではなく、まずは日本語でスピーチを簡単につくることからスタートしました。英語だけでなく、このような表現活動が苦手な生徒にとっても取り組みやすいように、出来る限り配慮しました。

 次に、以下のワークシートを配布しました。


f:id:merasan:20170330121756j:image

和文英訳で、スピーチ作成をするのが、スローラーナーにとっても取り組みやすいと考え、以下の点を意識させました。

 

  • 主語のある日本文を書くこと。
  • 10〜15文字の短い日本文で構成すること。

 

 生徒にとっては、主語をあえて入れる作業は、たとえ母国語の日本語であっても苦戦していました。こちらが一通りチェックしてやることが必要かと思います。

 また、生徒はついつい長い文を書いてしまいがちです。英訳をしやすい表現に言い換えること、長い文は複数の短い文に分けるとよいなどの発見を促しながら、取り組ませました。

 以上の流れでまずは英訳しやすい日本語スピーチの作成からスタートしました。この作業の成否で、今後の英訳の難しさが決まると思い、数時間かけて作業しました。

 

スポンサーリンク