英語の授業メモ

授業改革と実践の日々

スポンサーリンク

気づいたら負のスパイラルに陥っていました。

新学期が始まって、同学年の先生と教科指導の話。

3年前に受け持っていた受験生たちと、同じ受験生になった生徒たち。

その当時の生徒たちにできていたことが、今の生徒たちはできていない気がする…と2人で愕然としました。

目の前の生徒のための改善と思っていたことは、子どもたちに合わせすぎた結果、求めるレベルを下げていただけだったのでしょうか。もっと引き上げてあげることはできていたのかもしれない。

子どもたちの可能性に限界をつくってしまっていたのは、僕たちだったのでしょうか。

求めすぎても、寄り添いすぎてもだめ。

ちょうどいいところはどこなんだろ?

 

スポンサーリンク