English Classroom

中学3年間の戦略、導入・展開などの授業記録

1年生のスピーチづくり①(準備編)

1年生の他己紹介Show and Tellについてのまとめ。今回は準備編。 身につけたい力 伝わる発音で英語を発音することができる。 他己紹介を相手に伝えることができる。 人の発言に対してリアクションできる。 発言に対して疑問詞を用いて質問することができる。…

長文を扱う授業の指導方法①(授業デザインについて)

長文を扱う授業での指導方法をまとめます。まずは授業の目的とデザインについて。 授業で鍛えるべき力 鍛えるべき生徒の力は次の通りです。 意味のまとまりごとにチャンク分けできる。 チャンクごとに前から意味をとることができる。 負荷がかかっても正しい…

僕の目指す3年間の指導ビジョン

◯3年後の生徒の理想像・鍛えるべき力 ◯Can Do List ◯3年間の指導戦略(活動計画) 10年でやっと、3年後の光がうっすら見えてきた。 どこまで現実のものにできるか日々勝負。

教科書本文の読解・音読指導④(評価について)

教科書本文を扱った授業のまとめ。今回は実際にどのように授業を展開するかについてです。 前回までの記事はこちらです。 評価方法 評価については音読テストを2種類実施します。 1つ目は発音の正しさを見るための音読テスト。2つ目は感情を込めた音読がで…

教科書本文の読解・音読指導③(実際の授業展開)

教科書本文を扱った授業のまとめ。今回は実際にどのように授業を展開するかについてです。 前回までの記事はこちらです。 実際の授業展開 次のスライドで指示を出しながら進めていきます。 How to read a textbook from merasan 指導手順は以下の通りです。 …

教科書本文の読解・音読指導②(授業デザインについて)

教科書本文を扱う授業のまとめ。今回は授業デザインについてです。 前回の記事はこちら。 授業改善の方向性 授業の問題点から、次の改善策が浮かびました。 活動後には必ず全体の前で成果をチェック 伝わらない発音は指摘する 英語を自分で操作する活動を入…

教科書本文の読解・音読指導①(指導の目的について)

教科書本文の指導手順についてのまとめ。今回は指導の目的についてです。 自分の授業を振り返る 教科書本文を扱う授業で、生徒がどんな力を身につけたのか。自分の授業の前後で、生徒の何が変容したのか。自分の授業を振り返った時に、残念なことに、それら…

比較表現を一気にまとめて導入(歴史の有名人の背比べ)

歴史の有名人の身長を比較して、比較表現を一気に導入しました。 次のスライドを使用しました。 Lesson 7-1 from merasan 導入の流れ 歴史の有名人の写真を見せる。 Who is this man?とたずね、人物名を答えさせる。 Can you guess how tall he is? などと質…

生徒がパソコンでプレゼンのスライドをつくるために

ちょうど今、受け持っている1年生と2年生はスピーチ発表に向けての準備に取り組んでいます。1年生は他己紹介、2年生はMy dream tripがテーマです。 1年生は、B4用紙に写真や絵などを描いたり貼ったりしながら、Show and Tellの資料を作りました。2年生はパソ…

1年生のテストを返却してみて2018

早いもので、昨年の反省から1年。 やはり1年生たちがつまづき始めるのは、このタイミングのようです。期末テストを振り返ってみます。 ここまで取り組んできたこと ここまで意識して指導してきたことは以下の通りです。ほぼ昨年と変わらないと思います。 音…

接続詞の導入とSNS風「いいね!を集めよう」への展開

接続詞のwhen/before/afterの導入と、その後の展開についての記録です。SNS風に、自分の書いた意見をクラスで回して、「いいね」を集める活動に挑戦しました。2行で日記を書くことを2年生から継続的に行っています。 2行日記についてはこちら。 この授業まで…

Whose〜?と所有代名詞の導入から「歴史上の人物クイズ」

疑問詞のwhoseと所有代名詞を、「歴史上の人物クイズ」で導入・練習しました。 まずやっておくこと この授業までに、帯活動で所有代名詞を導入しておきます。その際は代名詞ダンスを使います。 代名詞ダンスについてはこちら。 また、代名詞(所有格)と、所…

音読指導、発音指導の失敗。初心にかえります。

昨日は、納得のいく教科書音読の授業ができませんでした。モヤモヤ… やっぱり「伝わる発音」でなきゃだめ 先日、市のスピーチコンテストに参加し、他校の生徒の姿を見ることができました。やっぱり発音って大切です。相手にメッセージが正しく伝わる上で、障…

Who is this?を「有名人クイズ」で導入、他己紹介への展開

疑問詞のWhoを導入しました。この時点で、3単現のsについての理解は済ませています。また、その後に他己紹介の課題へと展開しました。 その時に使用したスライドは以下のものです。 Lesson 5-1 who from merasan 導入の流れ 全員起立させる。 ヒントをひとつ…

不定詞(形容詞的用法)の導入と後置修飾Matching Game

不定詞の形容詞的用法を導入し、Matching Gameで体感的に練習しました。 導入の流れ 今日はMatching Gameをすると伝え、次のプリントを配布する。 文法説明を手短にし、空欄には to+動詞の原形 と記入させる。 Matching Gameの選択肢となるフレーズを口頭練…

インプット、アウトプット、提出課題のバランスをとるのが難しい。

最近わかったこと、感じていること 1年生は「自己表現」活動がまだ難しいレベル。「パターンプラクティス」をしっかりと。 1年生はTalk and Talkの内容、分量、インタビューテストがちょうどよい。 2年生からは「自己表現」する機会をかなり増やせる。特に「…

不定詞(副詞的用法)の導入と英語通信の活用

不定詞の副詞的用法の導入をしました。その後は、「職員室に行く理由」について書き、クラス・学年でランキングを発表しました。 指導の手順 「日記をレベルアップする方法」を新たに学ぶことを伝える。 そのために「理由・目的」を追加できるようになろうと…

【英語教師あるある】ちまたにあふれる手法に惑わされがち。

英語教育に関する書籍、DVD、セミナーなどの豊富さは他教科に比べてかなり充実しているように感じられます。ただし、我々はそれらと上手に付き合うことができているのでしょうか。 魅力的な手法を目の前にして、目的を見失う ちまたにあふれる様々なアイデア…

【英語教師あるある】文法導入に凝り、授業でも時間を消費しがち。

良い「文法導入」をすることに魅力を感じてしまうのは、僕だけでしょうか。生徒たちが目を輝かせながら、教師が何を伝えようとしているのかを、必死に捉えようとする。生徒たちは、未知の英語表現との出会いを楽しんでいる。では、目指すべきは「文法導入」…

【英語教師あるある】提出課題多すぎて、ハンコを押して終わりにしがち。

自分が初任者の頃は、何もかもが初めてで、勤務校の先輩の先生に言われたままに授業をしていました。むしろ、先輩の先生が言われることに、疑問すら浮かびませんでした。 同じような提出物が多すぎる その頃は以下のような提出課題を出していました。 ユニッ…

代名詞ダンスで全ての代名詞をマスター

中学1年生のうちに鍛えておくべき、代名詞変化の訓練方法です。田尻悟郎先生の代名詞ダンスを、自分なりに解釈して実践しています。 代名詞ダンス(基本編)のやり方 黒板にマスターさせたい代名詞の表を書きます。 I / you / he / she / it / we / you / th…

【つぶやき】手間や時間のかからない「書くこと」の指導ってあるのか?

今日は研究授業参観に行きました。文科省から来られた講師の先生が「書くこと」の重要性と手法について話をされていました。 講義の中で学んだこと 「こうやればうまくいきますよ」という話の中で、自分自身の「5行エッセイ」と「5行モノログ」を並行して行…

There is / There are 〜. の導入とパターンプラクティス

There is / There are〜. の導入を行いました。前置詞の確認も含めて導入に盛り込みました。 There is / There are〜. 導入の流れ 使用したスライドは以下のものです。 4-1 there is from merasan まずは前置詞のイメージをつかみます。テンポよく確認。 そ…

授業のスタートでテンポよくやる気を高める方法(10 Rules〜Warm Up〜あいさつ)

授業の始めの帯活動で力をつけていきたいと考える僕にとって、意欲的にテンポよく活動する生徒の姿勢が大切です。そのために、授業のスタートにおけるアタリマエ振り返ってみることにしました。 アタリマエを見直す 授業が他の教科の授業と同じ雰囲気で始ま…

三人称単数現在形のdoesの肯定文・疑問文・否定文の導入と文法説明

三人称単数現在形のdoesの文のしくみについての授業です。田尻悟郎先生の指導を参考にさせていただきました。 指導の手順 パンチゲームのdo/does編を帯活動で行っておく。 does の特徴について説明をする。《意味=普段からしています、性格=恥ずかしがりや…

一般動詞の肯定文・疑問文・否定文の導入と文法説明

一般動詞の文のしくみについての授業です。田尻悟郎先生の指導を参考にさせていただきました。 指導の手順 パンチゲームのdo/does編を帯活動で行っておく。 doの特徴について説明をする。《意味=普段からしています、性格=恥ずかしがりや、友達=どうする…

複数形の導入とパターンプラクティス

1年生の複数形の導入をしました。語形変化の部分だけでなく、発音にも意識できるように工夫しました。 指導の流れ 次のスライドを使用します。 4 1 ...s ...es from Yahmansan www.slideshare.net 画面に表れるイラストを示し、What’s this?と聞きます。 生…

look like+名詞 の導入とモザイククイズ

前回は、look+形容詞の導入をしました。 今回は次の時間にした、look like+名詞の導入と展開についてのメモです。以下のスライドを使用しました。 Lesson 5-2 look like A from merasan look like +名詞 の導入の流れ 1. 前回のBOKETEの優秀作品を全体にシェ…

look+形容詞 の導入とBOKETEへの展開

今回はlook+形容詞の導入についての記録です。また、そのあとに、導入で使用した写真についてのBOKETEを英語で考えるという展開にしてみました。 look+形容詞の導入の流れ 1. 次のスライドの各1枚目を見せながら、それぞれの人物について説明します。(例: …

give A B (SVOO)の導入とテレパシーゲーム

SVOOの文型の導入とグループで取り組める活動にチャレンジしてみました。 give A B(SVOO)の導入の流れ 1. 田尻悟郎先生の語順表(英語用フラットファイルの裏表紙に貼っています)を確認させる。 今日は初めて、語順表1-Cを使うことを伝える。 2. 語順表1-C…